2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ロマンシングサガ3には性的なものが感じられない

1 :NAME OVER:04/07/19 16:53 ID:F/7fxdIu
ホラ例えばさ、
雪降る町の片隅でイヤーンとか、
船の中でアーンとか、
山の裏の草原で牧歌的にOHhhとか、
14歳娘に宿のトイレでAchooooとか、

ありそでないんですね。たぶんあると思うんですが。
みなさんどの辺で感じましたか?
伏せられている筈の、ロマサガ3における性事情 (笑)。

2 :NAME OVER:04/07/19 16:53 ID:F/7fxdIu
まず、私が思ったことをレスしましょうか?

3 :NAME OVER:04/07/19 16:55 ID:???
ここまでのクソスレ久々に見たぜ

4 :NAME OVER:04/07/19 16:57 ID:F/7fxdIu
その前にハッキリ申し上げておきたい事には、
ロマサガ2をやっていても全然村村こないんですね。しかし3ではある。
ということは2にはあって3にはあることが、密かにあるはずです。
確かに表面的には性的なものを感じて取ることはできません。
でも確かにあるんです。匂いがしないだけで。

5 :NAME OVER:04/07/19 16:57 ID:???
あ〜夏休みぃ〜おお〜夏休みぃ〜〜

スクリュードライバーっていう小剣の技は
女性だと思われるモンスターに対して効果的。
であることからちんこぐりぐりと思ってしまうが
カクテルの名前であって女性を説くのに適したなんたらかんたらだとか。

6 :NAME OVER:04/07/19 16:58 ID:???
      __
    i<´   }\   , - 、
   ヽ.._\./  .ンく r-兮、 __
    ∠`ヽ.! /   ヾニEヲぐ ,ゝ->    さすがゴッグだ、
   /_`シ'K-───‐-、l∠ イ       糞スレたてられても
   l´__,/l\、_ ̄0¨0)゙@Yヘ, -┤       なんとも無いぜ!
.    l'___|⌒ヾ''ー==、ーr='イ i二|
   / .」   i   /./7r‐く  lー!
.   f.  ヽ‐i人.∠'<   _i. l,.-ゝ.
    トiヘヘ「ト〈      `X  トレi7__|
   〉ト:トハj`! i.    /  トー┤lルj,リ
  /‐+----+‐l    iー--i---ヾ'〃
.  l_i____i__|   |___i,__i_|


7 :NAME OVER:04/07/19 17:00 ID:F/7fxdIu
確かにあったのに、すごくありそうなのに
ゲームソフトとして伏せられていて、実際に目にすることはできない。
ちょっと罪ですよね。

でも目撃情報とかあるかもしれませんね。
どうですか?

8 :NAME OVER:04/07/19 17:00 ID:???
>>1皇帝陛下の家臣でございます。
この度は陛下がかように愚かしき技を閃いてしまい、帝国兵一同お詫びの
言葉もござりませぬ。
>>1様は皇位継承以来すっかりお心を病んでしまい、ジャングルでは見切りもせずに
女王にかどわかされ、 夜ごと酒を召しては運河要塞の門向けてパリィをなさる毎日です。
前衛であったソウジはLPが尽き、国庫のクラウンは数万程度、リアルクィーンはこれ幸いと
ばかりにアバロン市民の脳髄を侵し始めている次第にござりまする。ほ、ほぎー。
ガンバーランドやヤウダ等には帝国の支配に翻意をいだく者が多く、
このままではバレンヌ帝国始まって以来の存亡の危機になりかねません。
しかし、ご安心下さい。間もなく陛下には退位していただくことになっています。
>>1様はこの度ルドン高原において凰天舞の陣の中心になられる予定。既に
回復術の用意と蛇モンスターとの手はずも整っております。
その後はコウメイ様かハンニバル様かどちらかお一方を 新たな皇帝陛下として
迎え我ら帝国兵一同今以上に忠勤を尽くす心づもりでございます。
皆様方には迷惑をおかけして、まことに申し訳ございませんが、今しばらくの
辛抱でございます。なにとぞ、なにとぞ>>1様の此度のパリィをお許し下さいませ。

9 :NAME OVER:04/07/19 17:02 ID:F/7fxdIu
スクリュードライバーって妖精にもクリティカルヒットしますね。
でも全然村村こないですね。なぜだと思いますか?

10 :NAME OVER:04/07/19 17:03 ID:F/7fxdIu
>>8
アホw 2の話題はスレチガイです。所詮はコピペしか能のない人間です。

11 :NAME OVER:04/07/19 17:04 ID:F/7fxdIu
妖精がジャングルにいようが雪原にいようが
全然村村きませんね。このことにヒントはあります。
ああ、またロマサガ3買い直そうかしら。

12 :マララー( ・∀・) ◆uAUwMARaRA :04/07/19 17:05 ID:???
ロマンシングサガ113
http://game6.2ch.net/test/read.cgi/retro/1088748438/l50

ノシ

一応バンガードとかでイベントもありますが何か

13 :NAME OVER:04/07/19 17:07 ID:F/7fxdIu
ゲームソフトととしては普通だけど、
その世界の中に入って、その世界がリアルになった時、
この世界で性的な風がもっとも強いのはどこだとおもいますか?(笑

14 :NAME OVER:04/07/19 17:09 ID:F/7fxdIu
いいですねバンガード
でもなんか違いますね。牧歌的でないというかなんていうか。
都会って感じが強すぎて、その辺の性事情とかわらない気がして恐いです。
あんまりいきたくないですねぇ

15 :NAME OVER:04/07/19 17:09 ID:???
見返るの影武者とかですか?爆)

16 :NAME OVER:04/07/19 17:11 ID:F/7fxdIu
ハァハァ。
ロムを改造する手立てと技術と時間とツールが欲しいです。
この手でなんとかしてモザイクを取りたい、そんな気持ちです。ハァハァ

17 :NAME OVER:04/07/19 17:14 ID:F/7fxdIu
もうそろそろ冬ですよね。あったかいのが欲しいです。
ハァハァです、ポドールイにでも遊びにいってきます。

あとは皆様で盛り上げてください。では。

18 :NAME OVER:04/07/19 17:16 ID:F/7fxdIu
秋になると萌える地方がありますよね。ちょっと青春しちゃおうかな(笑

19 :NAME OVER:04/07/19 17:18 ID:???
そろそろ冬って…頭に障害があるのかネタなのかどっちなんだろ…、
それともどっかのスレのコピペ?

20 :NAME OVER:04/07/19 17:20 ID:F/7fxdIu
また性の風が吹く。このころまでに準備をしておかねば乗り遅れるかも。
乗り遅れたら終わり。寒さに凍えて雪に埋もれて死亡です。
ああ、南東の砂漠へ傷心ふらつきをしても心の中は一緒だと思います。

21 :NAME OVER:04/07/19 17:23 ID:F/7fxdIu
ミカエルの影武者が・・・なことは考えもしませんでした。私の目はふしあなでしょう。
ああでもハァハァです、大物じゃなくてもハァハァです。

22 :NAME OVER:04/07/19 17:25 ID:F/7fxdIu
スレ違いですが7月は旧暦ではもぅ秋ですよ。



ハァハァです。そうです、ハァハァなんです。

23 :NAME OVER:04/07/19 17:44 ID:F/7fxdIu
秋がきたらもぅ冬はムコウからやってきます。
熱くなって乗り切るしかありませんし、それを期待しているのかもしれません。







ああ、ハァ母です。

24 :NAME OVER:04/07/19 17:56 ID:???
何で3なんだ?1や2にそんな描写があったか?
そもそもシリーズに自体にあったか?

25 :NAME OVER:04/07/19 18:06 ID:???
はいはいは〜い、それじゃあ、今日のお話はじめま〜す。
君たち、ちゃんと席につくようにね。私語しない。私語しない。はい、私語やめてくださいね〜〜〜。

(そして僕は、シーンと教室に沈黙がうまれるのを確認してから、おもむろに指をくわえてチュパチュパやりながら話はじめた。)

 んとね、こないだあややのホームパーティーにお呼ばれしてたんだけど〜、(チュパチュパ)
その日って、加護ちゃんの初潮記念パーティーでもあったわけ。(チュパチュパ)
そんで、うっかり☆ダブルブッキングしちゃってまじ困ったのw(チュパチュパ笑)
コピーロボットとかあれば便利なんだけど、そんなの空想の世界にしかないからねwwwww(鬼チュパチュパ爆笑)
まじ、現実と虚構と区別がしっかりついてるオレはコピーロボとか、
そういう妄想でしかないバカな事言わないすよ?www(鬼チュパDE核爆)

26 :NAME OVER:04/07/19 18:29 ID:???
女に生まれたかったよ、伯爵様に噛んでいただけるんだから

27 :NAME OVER:04/07/19 18:40 ID:???
キャンディーちゅぱちゅぱ

28 :NAME OVER:04/07/20 03:42 ID:AK+31CxJ
めちゃいやらしいですが?
全裸レインたん、スプラッシュたん、ビューネィたん、etc、etc。

29 :NAME OVER:04/07/20 08:59 ID:???
ジャングルに天女が現われたとの情報を耳に、
おもわず禁断の密林へ足を運んだものだった。
古代から存在する金属製の建物を何度も目にしたが、危険な香りがするために一度も立ち寄ってはいない。
何よりそこには女ッ気が全く感じられなかったのである。

彼女を捜索して数年。
こちらの草むら、あちらの岩陰、同じ場所でも日によって明らかに雰囲気が異なる為に、
毎日毎日、広域に渡って同じ場所を捜索している。
しかし見つかるのはカマキリや粘膜性の赤いキノコ、つる性の白っぽい薔薇ばかり、
時には緑色をした発情期の昆虫に刺されそうになったこともある。
グリフォンなどの大型の鳥類の目を盗んでこのようなことを続けるのは、予想以上の重労働であったりする。

だから昨日、紫色の巨大なカブトムシ達の後ろに彼女が黙ってこっちを見ているのを見たときには、
もうズボンの裏では汁が先走っていた。
亀頭がヌルヌル気持ち悪いのなぞ全く気にならず、もぅ彼女の前のそのウザいカブトムシたちを切り捨てていた。
体長1M以上のカブトムシ達ががバラバラになる、
後ろの彼女の下半身が見える、
ああ、僕は、何度も味わった、言葉に表せぬ無念さをまた味わった。
こいつは単なる風の精だ、ジャングル以外でも何度もみている!こいつは!
蒸し暑きジャングルを覆う巨大な木々の隙間から差した一筋の光がまたもや僕に幻を見せたわけだ。
そして僕はまたその日も、この女体の足を掴んで引きずり寄せ、自身を慰めるのであった。

30 :NAME OVER:04/07/20 09:28 ID:ur6cx3IN
ボクも>>29のオヤジと一緒にジャングルを捜索した口さ。
彼女は透き通るような白くきめ細かい肌をしていて、
そのどこかヒンヤリとした美しい緑色の髪の毛にからまれた冒険者は
射精と共に、真夏のジャングルでも「冬」を見るといいます。
その信じられないような感覚に恋焦がれて、みんな騙されるんですよね。
あの日も彼の後ろを歩いていて、数多くの骨を見ましたがきっと彼等のでしょう。
勿論憶測ですが。
でも無理も無いっすよ。ただでさえ足場が悪く、狭いのに、巨大な虫が徘徊しているんだから。
彼と一緒でなければこんなところ絶対来れないでしょうね。
その日は、捜索開始後半日たったころに巨大な一本木を見ましたね。
上へ上れるようになっていて、彼の説明によれば、その先は妖精の溜まり場になっているそうです。
当然無視して素通りでしたね。バンガードの旧友で、あんなのが好きって変態がいましたが、
あんなののどこがいいのか(笑)、と思いますけどね。・・・・まあ色んな人がいるから・・。

結局その日は彼女を見つけることは叶いませんでした。
もぅ蒸し暑いし、靴はドロドロだし、正直ここまで苦労するのも当分はゴメンだって感じですか。
それにその日の後半は、内心彼女が見つけられないといいなぁなんて思ったりしちゃってました。
もし見つかったら、その次の瞬間に彼の殺気が物凄そうだったので。
やっぱり男なら一人で行くべきでしょうね。でもそれも恐いし。
とにかく、こんな蒸し暑く漢臭いところはちょっとアレですね。
帰り道に小さな村で、色黒の女の方かたすごぃいやらしい目つきで誘惑されたような気がしましたが素通りしました。
今度はさむいところでクールにイこうとポドールイの酒場に向かってます。

31 :30:04/07/20 09:36 ID:???
>帰り道に小さな村で、色黒の女の方かたすごぃいやらしい
ああ、正しくは
  帰り道に小さな村で、色黒の女の方からすごぃいやらしい

でした。なんかツいてないみたいです。
ポドールイの宿の個室でオナニーなんてなったらそれこそ泣こうと思います。トホホ

32 :NAME OVER:04/07/20 09:45 ID:???
何ですかこのスレは

33 :NAME OVER:04/07/20 10:22 ID:???
>>29,>>30
あの、俺一年ほど前に、4,5人ほどのグループでジャングルを捜索していたときに、その人(?)見ましたよ?
緑色の髪の人だよね?確かに会ったぞ?
もちろんアンタがよく見ているっていう、紫(青?)色の髪をした人なら俺だってよく見てます、いろんなところで。
彼女たちと顔、体型そっくりだけど、明らかに雰囲気が違うw

休憩中、各自バラバラになって一眠りしてた時だった。おれがふと寝返りをうったら、目の前の草むらのむこうで
体操すわりをしてたよ?ちょうどアソコがふくらはぎで隠れて見えなかったんだが。
ちょっとこちらが頭をズラせば丸見えだっただろう。そう思ったが金縛りにあったようだったな。
その綺麗な顔は全く無表情のまま焦点の定まらぬままこちらのほうをずっと見ているだけで、
こちらもその顔を見つめるだけで精一杯いだったけど。

で、一瞬金縛りが解けてな、すぐに本能で近づこうとしたわけだが、
すぐ後ろで仲間の女が俺を呼ぶ声がしたのですぐにその場を立ち去ってしまった。
グループに女仲間がいたから遠慮したのかもしれないけれど、
もしあの場で半径1キロ以内に仲間がいなかったとしても、俺は決して手は出さなかったかもしれない。
近寄ってアソコだけでも見たかもしれんが。
なんか彼女の前では自分の自尊心とか、そんな変わった感情になっていたかもな。
もぅ次の瞬間に振り向いた時に彼女はいなかったので幻といわれてもしょうがないが。
たぶん俺のカンでは、次に一人で捜索しても絶対にあえんだろうな。

いや、そもそも俺らは>>29が言う金属製の建物を探していたわけで。
要塞でしょ?普通この目的でジャングルに入ると思うんだが・・・。
何度もみたっつーけど、見つかりませんでしたよ。また機会があれば案内して欲しいくらいだ>>29



34 :33:04/07/20 10:32 ID:???
とくにこだわる気持ちもわからんではないが、
よく見る青髪の香具師もいいとおもうぞ?遊んだ事は無いけど。
なんていうか、某シャードの”名古屋巻き”みたいでそそる。
でもやっぱりモノホンは違うね。実は2ヶ月前くらいからあの時の光景がフラッシュバックのように
俺を苦しめる。この気持ちがなんなのか、説明できん

35 :29:04/07/20 10:44 ID:???
>>33
おまいまさかここにやってきてはいないか?
昨日ヒョロッとして白い帽子被ってて、何かに取り付かれたように歩く香具師を5キロほど先で見たような気がするんだが。
なんか興味ないようなレスしてて、で自分はいつのまにかここに来ているっていうのは腹立たしい。
人違いならいいんだが。
正直僕の邪魔をしないでほしい。
こんな三十路の腐った僕ならまだしも、なんでおまいが必死なの?(プ

36 :NAME OVER:04/07/20 10:49 ID:???
↑文盲w >>33は一括千金狙って一人で要塞探しに来ただけだろ

37 :29:04/07/20 11:00 ID:???
僕は必死といわれてもしょうがないかもしれん。
人を疑うのはよくないが、
要塞の中のおっちゃんの一人が、同要塞に今でもいる3体一組の精と彼女は友達だって言ってたらしい。
風の便りで聞いた話。
でもあそこは一人でいくところではないからスルーしていたんだが。
もしかしたらコイツは彼等とコネをつくって強引に彼女と会おうっていう魂胆なのかもしれん。
ま、透き通ったイメージの彼女が、高熱と言われる要塞の中の香具師と友達なわけないと思うし、
そんなデマ情報におどらされて>>33は悪魔に火の海へ落とされればいいんだ(笑)。


38 :NAME OVER:04/07/20 11:06 ID:???
レアモンは 必死になるほど 会えないよ
    
                       =完=

39 :NAME OVER:04/07/20 11:26 ID:???
まったく不可解なスレだ

40 :NAME OVER:04/07/20 19:29 ID:???
さあ大変です。30分後に強烈なハァハァのチャンスが訪れようとしてます私に。
ああもうハァハァです。ハァハァ

41 :NAME OVER:04/07/20 20:02 ID:???
ハァハァしそこねました。鬱です。
クソして寝ます!!もぅ!!!

42 :マララー( ・∀・) ◆uAUwMARaRA :04/07/20 20:03 ID:???
なんだこのスレ

43 :NAME OVER:04/07/20 22:06 ID:???
明日の、そうですねぇ、お昼頃でしょうか、夕方くらいでしょうか、
ハァハァの可能性があります。ハァハァです。
かなりハァハァでしょう。かなりやばめのハァハァかもしれません。
もう既に気分は高揚し、顔もほんのり赤くほてってきたようです。

44 :NAME OVER:04/07/20 22:42 ID:???
>>1さんは病気なの?

45 :NAME OVER:04/07/21 02:03 ID:???
ttp://hkaityo.hp.infoseek.co.jp/dq/rs3-08.html
これでいいんだな?

3と言えば、偽ミカエルがカタリナと茂みに歩いていくのが性的でしたね。
野外かよ!みたいな。

46 :NAME OVER:04/07/21 13:50 ID:???
深い森・・・。

47 :NAME OVER:04/07/21 16:45 ID:???
>>45
かまいたちタン(;゜∀゜)=3ハァハァ

48 :NAME OVER:04/07/21 23:08 ID:???
ランスから川沿いに南下して半日くらいたったか。
あの日のランスはまだ雪が少し残っていたけど、俺たちにはほとんど関係なかった。
荷台に山盛りに詰まれた木箱に布袋、これらが視界に入っているだけで、もぅ汗がタラタラしたたる。
道の起伏はそんなになかったが、なんといっても道が道ではない。
綺麗に整地されているわけでもなく、土砂や雑草が延々と続く。
荷車の車輪はランスの小道の時より何倍も重く感じた。

しかも、どこかに本拠地でもあるのか、時折ゴロツキのような集団が近寄ってくる。
こいつらを蹴散らすだけでも、結構こたえる。しかしこれも仕事の内だから仕方あるまい。

報酬金も、相当うまくやりくりせねば食が尽きるだろう。それほど今の俺たちには金がなかった。
一応、金関係は俺が担当である。俺は密かに、とある画策を企てようと思った。

キャンディーのその大切なクマちゃんは、長旅にくたびれてボロボロである。
だからこの娘に新しいクマちゃんを内緒で買ってあげようと。
その分の金はなんとか伏せてごまかそうと考えた。
本名は分からないが、キャンディーと名乗るこの娘は、か弱い体で力も無く、
最初は一緒に荷車を押すのを手伝っていたが、1時間もたつと手伝うのを止め、横で歩くだけになった。
しかたないかもしれないが、俺たちと一緒に歩くだけで精一杯のようだ。
俺こそ こんな荷車から手を離したいくらいだったが、彼女の荒い息遣いがすぐ隣でするのを耳にしていると、
不思議と頑張れるような気がしたのだった。


49 :NAME OVER:04/07/21 23:35 ID:???
もぅ辺りはだんだん暗くなり、あっという間に夜になってしまっていた。
ゴロツキ共が建て捨てていったのか、廃屋を見つけた。
廃屋の中はなにか腐ったような匂いがしたため、だれも入らなかったが、万一の雨の際に雨宿りができるだろう。
この廃屋のすぐ前に焚き火を起こした。今夜はここで野宿である。
「廃屋が目印になるため、ある程度散ってもいいが、
ゴロツキがいるかもしれないのであまり遠出をしないように」、と女子の連中には言っておいた。
俺はまぁナァナァで世間話するようなタチではなく、焚き火を囲まずに、ちょっと一人散歩に出かけた。
10分ほど散歩した後も、焚き火の方へは帰らずに、一人廃屋の裏側に腰掛けた。
何を考えていたのか覚えていないが、しばらくぼうっとしていると、
女子2人の声が近づいてきた。そのハスキーはエレンと・・・それから、嗚呼、キャンディーか。
二人は下図の矢印の軌道を辿ってA地点までやってきたのだ。

       ――――――→A
      ↑     「^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^|俺
      |     |              |
      |     |              |
      |     |    廃屋       |
      |     |              |
      |     |              |
      |     ―― 出入口  ――――
      |
      |
        × キャンプファイア

50 :NAME OVER:04/07/22 00:01 ID:???
どうやら俺の存在には全く気がついてないらしい。
まあ俺も、壁に背を向けて黙って座っているだけだったから、気がつくほうが凄いかもしれんが。

「ねぇ、絶対見張っててよ?!」
「わかってる。でも一人で大丈夫?」
「大丈夫!ああもうだめ。見ないでね。」(はしゃぐような声つきで)
「ハイハイ。」

俺は「おっ?」と思った。おれはこの場所からまったく動いていない。というより、なぜか
「下手に動いちゃダメだ。物音を立てたら気づかれてしまう」――――とんでもない発想だった。
しかし首だけを120度ほど左後方へ、そっと回転させてしまう。
廃屋の陰になってはいるはずなのだが、キャンプファイアの明かりは強く、鮮明にA付近を見ることができた。
この時点でエレンもいたが、キャンディーが再び
(さっきはふざけたようなはしゃいだ声だったが今度は念を押すように小さめの声で)「見ないでね」と言うと、
エレンは黙ってキャンプファイアの方に向かい、俺の視界から姿を消した。

     そして、俺の視界にはキャンディーだけが残った。

彼女はちょっと辺りを見回したようだった、とはいえ、主にキャンプファイアの方を覗くような感じであった。
まさか私がこんな暗闇の中に座っているとは、思っていないのだろう。
彼女はちょっと下を向いた。そしてその細い両腕の先がズボンの両端にくると、一気にズボンと共に下へおろした。
俺はクイイルように凝視していた。縦筋に沿って、縦筋を丁度覆い隠すように茂る可愛い雑草を。
そしてうら若き少女独特の、もちもちした愛らしい太ももの内側を。


51 :NAME OVER:04/07/22 00:19 ID:???
しかしそれは一瞬の出来事だった。
もぅこの次の瞬間には、彼女はしゃがみこんでいて、股間付近なぞ完全に陰になっていて見えるはずもない。

そして、よくありがちな、シャーーーーっという音を耳にする。
まあ俺は「フーン」って感じだったか。

ハァ、しかしこの後だった。

微かに耳にすることができた。彼女の、あんまり聞いた事の無い声かもしれない、
幻のようにかすかではあったが、「んっ」という・・・、それは昼間に聞いたあの荒い息遣いとは根本的に
違っていたような気がするし、こちらもまた、違った興奮を覚えるのがわかった。
その声のあとにすぐ、やはり限りなく押し殺したような音量で、吐息を吐く声が聞こえた。
俺はとにかく股間を凝視していた。
暗くて見えないはずなのに、おれはもぅ狂人になっていたのかもしれない、
幻を勝手に真実と見ていただけかもしれないが、たしかに目にした。

彼女のその・・・まだ幼稚さが残ったような恥部の中心から、目を疑うようなものが顔を覗かせた時には・・。
細身の彼女だが、でるわでるわ・・・・言葉をつまらせる俺を尻目に、
その出口からは後から後から、切れ目無く太目の濁流がうねりながら地に落ちつづけていった。
彼女の見た目との物凄いギャップに、俺は猛烈に股間を固くした。
この気持ちが何であるのか、説明するのも恥ずかしいぐらい興奮し、
しかし気づかれまいと、激しくなりつつある自分の吐息を押し殺す。
そこでは彼女のかすかな吐息のみが・・・。

52 :NAME OVER:04/07/22 09:49 ID:???

=======================================

↓はい、気を取り直して他の方どうぞw

53 :NAME OVER:04/07/22 10:00 ID:6l13swS0
( ゚д゚)

54 :NAME OVER:04/07/22 19:47 ID:???
ユリアン「ミカエル様。お疲れでしょう。横になった方が――」
ミカエル「……いや、心配はいらん、大丈夫だ……」
ユリアン「顔色が悪いですよ?精力をつけて差し上げましょう」
ミカエル「くっ……や、やめろ…そんなところ…」
ユリアン「レロレロ…チュパ、チュパ…どうですか?気持ちいいですかミカエル様?」
ミカエル「うっあ、あ…だ、駄目だ…ハァハァ…くぅ」
ユリアン「逝くのはまだ早いですよ。ところで俺の金玉を見てください。こいつをどう思いますか?」
ミカエル「すごく…大きいな…」
ユリアン「でかいのはいいですから、このままじゃ収まりがつかないんですよ」
(ユリアンはミカエルを地面に押し倒した)
ミカエル「うぅ…一体、何をする気なのだ…」
ユリアン「決まってるじゃないですか、貴方の中に入れるんですよ。」
(ズズズ…ヌチャッ…ズボッ…)
ミカエル「ぐああぁああぁああぁ!!痛い!いだあいぃ!た、頼むユリアン、ぬ、ぬいてくれ…」
ユリアン「さすが初釜だな…ハァハァ、よく締まりますね、いいですよ…」
ミカエル「痛いっ!グスン…もうやめ…あっ?!」
ユリアン「わかりますか?ここが前立腺ですよ。ほら、ここをこうやって突くと貴方のもこんなに大きくなります」

55 :NAME OVER:04/07/22 19:47 ID:???
パンパンパンパン…ユリアンがミカエルの前立腺を突きまくること数分後)
ミカエル「ハァハァハァハァ…ユリアン、もう、私はお、おかしくなりそうだ…あ、あぁーーっ!」
ユリアン「ハァ、ハァ、ミカエル様、もうこんなに先走りを垂らして…今にもイきそうにひくついてますよ?」
ミカエル「ぐぅっ…んあぁ…もう、出そうだ…」
ユリアン「ハァハァ、俺ももう、限界のようです…ミカエル様の中に出しますよ、一緒にイきましょう」
ミカエル「そうじゃなくて…その、さっきから、あの…トイレに逝きたくて、その…大のほうが…」
ユリアン「何ぃーーーっ?!ウンコォ?ミカエル様、俺をバキュームカーと間違えてるんですか?」
ミカエル「しーましェーン!」
ユリアン「仕方が無いですね、いいですよ、俺が栓しときますからこのまま出してください。
   大便まみれでやりまくるのもいいかもしれないですよ…」
ミカエル「えーーーーーっ!?」

───と、こんなわけで、ミカエルの初めてのハッテン場体験はくそみそな結果に終わったのでした…


56 :NAME OVER:04/07/22 23:12 ID:hNuQmOGO
晒しage

57 :NAME OVER:04/07/22 23:39 ID:???
ユリアンが優位なのにワロタ

58 :NAME OVER:04/07/23 00:58 ID:???
なにいってるのかわかんない

59 :NAME OVER:04/07/23 10:47 ID:???
55外伝

この後に彼は国から姿をけした。
グレたとの説が有力だが、詳細は不明である。

ある有力筋の話では、
亀頭にピアスをあけたソックリさんが、ピドナ地下道で壁に背を向けうずくまっていた
、という・・・。

60 :厨房:04/07/23 22:00 ID:r3+shdmw
ユリアンの好色一代珍生w
最後まであのコのオメコは舐められず(笑)

61 :NAME OVER:04/07/23 22:33 ID:???
retro:レトロゲーム[スレッド削除]

http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1058631193/

456   04/07/19 17:09 HOST:221-251-37-55.platz.jp
削除対象アドレス:
http://game6.2ch.net/test/read.cgi/retro/1090223580/l50
削除理由・詳細・その他:
6. 連続投稿・重複
本スレに誘導済み

↑全然誘導されていませんが?w


62 :NAME OVER:04/07/23 23:06 ID:???
モニカスレにもいる粘着だろ
放置しとけ。どうせモニカスレと一緒に削除されない

63 :NAME OVER:04/07/24 15:40 ID:???
ああ昨日ハァハァな気分になってしまいました。かなり気分は高揚していました。
明日あたりもかなり逝けそうです。
しかしなぜかストレスもかんじているのか、もうはや髪が薄くなってきています。

64 :NAME OVER:04/07/25 15:59 ID:???
http://game6.2ch.net/test/read.cgi/retro/1090667763/l50

誘導

65 ::04/07/25 18:48 ID:???
>>221-251-37-55.platz.jp

今頃遅ぇーよタコw


66 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)